• 外来のご案内
  • 入院のご案内
  • 診療科のご紹介
  • 検診センター
  • 交通のご案内
  • 医療関係者の方へ
当院について お知らせ お問い合わせ サイトマップ 個人情報保護方針
ホーム > 診療科のご紹介 > 形成外科・美容皮膚科

形成外科・美容皮膚科

形成外科

対象疾患:皮膚良性腫瘍、及び皮膚悪性腫瘍、外傷、全身管理を伴わない熱傷、瘢痕(傷跡)、ケロイド、眼瞼下垂、下腿潰瘍、乳がん手術後再建手術(乳房インプラント)
2014年手術件数90件

1.眼瞼下垂

当院では主に老人性眼瞼下垂の手術をおこなっています。これは腱膜性眼瞼下垂とも言われ、 若いころに比べ瞼【まぶた】が重たい、瞼が下がったせいで視野狭くものが見にくいといった症状に効果的であり、 また整容的にも若返りが期待されます。
この腱膜性下垂は目を開けるための筋肉【眼瞼挙筋】につながっている腱膜が加齢により断裂したり、 薄くなったり、瞼板という組織から外れてしまうことで起こります。
手術では眼瞼挙筋腱膜を瞼板に縫い付ける手術をします。
局所だけの麻酔で日帰り手術も可能です。【希望により入院も可】


2.乳がん手術後再建手術(どちらも保険適応です)

ティシューエキスパンダー〜インプラント挿入
組織拡張器 (ティシュエキスパンダー)であらかじめ皮膚を伸展させてからインプラントを挿入する方法です。

3.リンパ浮腫

乳癌や婦人科癌の術後のリンパ浮腫に対しては、理学療法やリンパ管静脈吻合などの治療が必要な場合があります。詳細についてはお問い合わせください

TOP ページの先頭に戻る

美容皮膚科 <小さな一歩できれいを手に入れる・・>   

対象疾患:しわ(ボトックス注射、ヒアルロン注射)、しみ(炭酸ガスレーザー、トレチノイン軟膏)、小顔、わきの汗止め、二重手術、まつ毛育毛、その他

ご相談だけでもお気軽にお越しください。

しみ治療

当院ではトレチノイン軟膏、ハイドロキノン軟膏、炭酸ガスレーザーなどを使い、しみ治療を行っています。


しわ治療

ボトックスは筋肉の接合部で放出される伝達物質の放出を阻害することにより、しわを治療するものです。
当院では2009年に厚生労働省より承認されたボトックスビスタを使用しています。
またヒアルロン酸とはもともと人体に存在する物質でこれを注入することで、しわ治療だけでなく、隆鼻や、口唇をふっくらさせる治療効果があります。


    


まつ毛育毛

当院では、厚生労働省承認したまつ毛育毛剤クラッシュビスタを取り扱っております。
約16週でまつ毛が106% 太く、18%濃く、25%長くなるという臨床試験結果がでています。(効果には個人差があります) 抗がん剤での睫毛脱毛にも効果をあげています

TOP ページの先頭に戻る

医師紹介

町野千秋(医員)

  • 日本形成外科学会専門医
  • マンモグラフィ読影認定医
  • 日本美容外科学会正会員
  • 日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会会員
  • 乳房再建エキスパンダー/インプラント基準医師

    町野Drのブログはこちら

 
午前 乳癌検診
乳癌検診
乳癌検診
乳癌検診 第4
乳癌検診
午後
手術 形成外科外来

形成外科外来は水曜日のみとなりますが、外傷など急を要する場合は、
平日【16時30分まで】(※木曜日は除く)は対応可能です。
ご連絡ください。


浅野裕子(非常勤医員)

外来日(乳房再建):第3土曜日 午前(予約)


 

井上啓太(非常勤連携医師)

  • 医学博士
  • 日本形成外科学会専門医
  • アメリカ形成外科学会会員
  • 日本乳房オンコプラスティックサージャリ―学会会員
  • 日本マイクロサージャリ―学会会員
  • 日本リンパ学会会員

 

 2016.5.24 現在

TOP ページの先頭に戻る