• 外来のご案内
  • 入院のご案内
  • 診療科のご紹介
  • 検診センター
  • 交通のご案内
  • 医療関係者の方へ
当院について お知らせ お問い合わせ サイトマップ 個人情報保護方針
ホーム > 診療科のご紹介 > 消化器内科・肝臓内科(消肝内科)

消化器内科・肝臓内科(消肝内科) 

おもにお腹の病気を担当します。地域の腹痛で困っている患者さんから、 進行がんでお悩みの方まで、幅広く診療できる体制が整っています。


  •  胸やけ
  •  胃もたれ
  •  腹痛
  •  黄疸      などが、お腹の病気と関係している症状です。
  •  下痢
  •  血便
  •  吐血
  •  体重減少

上記で困っている患者さんは、いつでもご相談ください。

いずれも東京大学消化器内科で研鑽を積んだ医師です。

 

 

無痛ラジオ波焼灼療法についてはこちらへ

医師紹介

佐藤 新平(肝臓内科科長)

  • 日本内科学会認定医
  • 日本消化器病学会専門医
  • 日本肝臓学会専門医
  • 日本超音波学会専門医
  • 日本消化器内視鏡学会専門医
  • 身体障害者福祉法指定医

出身教室:東京大学消化器内科

 

杉本 貴史(消化器内科科長)

  • 日本消化器病学会専門医
  • 日本内科学会認定医
  • 日本消化器内視鏡学会専門医
  • 日本がん治療認定医機構認定医

 

近藤 祐嗣(肝臓内科医長)

  • 日本消化器病学会専門医
  • 日本内科学会認定医
  • 日本がん治療認定医機構認定医
  • 日本肝臓学会専門医

 

佐藤 隆久(肝臓内科医員)

  • 日本内科学会認定医
  • 日本消化器病学会専門医
  • 日本肝臓学会専門医

 

河井 敏宏(肝臓内科医員)

  • 日本消化器病学会専門医
  • 日本内科学会認定医
  • 日本消化器内視鏡学会専門医
  • 日本肝臓学会専門医

 

小尾  俊太郎

小尾 俊太郎(非常勤医員)

  • 日本消化器病学会専門医
  • 日本内科学会認定医

出身教室:東京大学消化器内科

 

Dr小尾のブログはこちら

 

八島 陽子(非常勤医員)

  • 日本消化器病学会専門医
  • 日本内科学会認定医
  • 日本消化器内視鏡学会専門医
  • 日本がん治療認定医機構認定医

 

TOP ページの先頭に戻る

診療実績

データ更新中

 

診療体制と診療方針

Evidenceに基づいた最新の治療法を実践することによって、安全で正しく診断・治療ができるよう心がけております。 また、お待たせしないよう、原則として予約制になっております。初診の場合は医療連携室にご相談下さい。

外来診療担当日割

  土(午前のみ)
午前 杉本
佐藤(隆)
佐藤(新)
近藤 建石 第2 八島
(胆のう・膵臓専門)
午後 佐藤(新)
小尾 佐藤(隆) 河井

 2017.1.1現在

C型肝炎は治る時代に

平成27年はC型肝炎撲滅の年明けです

今年、厚生労働省がソフォスブビルという画期的な内服薬が承認される予定です。


ソフォスブビルによって、ほぼ全例のC型肝炎が駆除できる時代は、もう目の前です。


肝がん

肝臓がんは、大きく分けて二つに分かれます。


        原発性 肝臓を構築する肝細胞や胆管細胞がガン化したもの

  肝がん

        転移性 大腸など他臓器から転移したもの


肝臓がんは原発性か転移性かによって、治療が異なります。


糖尿病・メタボの人は要注意

以前は、原発性肝がん(特に肝細胞がん)は、B型肝炎やC型肝炎の患者さんに発生していました。しかし最近は糖尿病やいわゆるメタボの患者さんに突然発生するケースが急増しています。

年に1回は、超音波検査を受けることをお勧めします。


胃がん

胃がんの対策は、早期発見とピロリ菌駆除
40歳過ぎたら一度は内視鏡を

      早期発見すれば高齢者でも内視鏡治療も可能

      画像:89歳男性 内視鏡写真

TOP ページの先頭に戻る

大腸がん

大腸がんの対策は、早期発見
毎年の便潜血検査と、40歳過ぎたら一度は内視鏡を

大腸がんの家族歴のある人・メタボの人は要注意


大腸がん治療の最近の進歩は著しく、 上記治療法の中でも種々の治療選択が可能になっています。ガイドラインに則った標準治療を行いながらも、 症例に応じた配慮をし、個別化医療が可能になってきています。
諦めずに病気と向き合う

緩和ケア

緩和ケアとは、重い病を抱える患者やその家族一人一人の身体や心などの様々な つらさをやわらげ、 より豊かな人生を送ることができるように支えていくケアのことです。

がんは日本人の死因で最も多い病気です。現在、3人に1人ががんで亡くなっています。 このように身近な病気になった、がん。
あなたの大切な方も、がんで悩んでいるかもしれません。

緩和ケアに早いも遅いもありません。重い病を抱える全ての患者さんやご家族が 受けられます。

当科では、緩和ケアを積極的に行っております。

できるだけ住み慣れた自宅で過ごしていただき、困ったときはいつでも入院できる体制を整えています。

特に肝臓がん、胃がん、大腸がん、膵臓がんなどでお困りの方は、 いつでもご相談ください。

TOP ページの先頭に戻る

胆管・胆嚢・膵臓の病気について

腹部超音波の結果について

会社の検診などで腹部超音波検査を受ける方も多いでしょう。当院でも検診・健診の腹部超音波検査を行っています。

ここでは、腹部超音波の結果の中で比較的頻度の高いものについて、ごく簡単に解説します。 概説ですので、判定が要受診・要精査となっている場合は、必ず病院を受診するようにしてください。


肝臓(かんぞう)
肝のう胞 原則は1年おきの検査で結構ですが、大きくなると症状が出ることもあります。 コメントが要受診の場合は受診しましょう。
肝血管腫(の疑い) これも大きさによります。小さいものは経過をみていけばいいですが、 場合により造影剤を使ったCT検査などで診断を確定したほうがよい場合もあります。
心配な場合は消化器専門医師にご相談ください。
脂肪肝 体重減少につとめてください。
進行するとフォアグラのような状態になっているとイメージしてください。
最近は長いこと脂肪肝の状態だと、肝硬変や肝癌が生じることがあることもわかってきました。
肝腫瘍・肝腫瘤の疑い 必ず病院を受診してください。

胆嚢(たんのう)、胆管(たんかん)
胆嚢ポリープ 検診では約7%の方にみられます。
10mmまでは年1回の再検査、としていることが多いです。
ただしどのような形かも重要なので、 再検査となっている場合は必ず受診してください。
胆嚢ポリープは超音波検査が有用です。
胆嚢腺筋腫症 約2%前後の方にみられると報告されています。
一般的には症状がなく1年後再検査となることが多いですが、中には手術対象となる場合もあります。
再検査の場合は必ず病院を受診してください。
胆嚢結石 腹痛などの症状がない場合は原則的には経過をみます。
胆石による症状が出た場合は、再発の可能性が高くなります。
治療について専門医師に相談しましょう。
また3cm以上の大きな結石など一部には治療したほうがよいものもありますので、要精査の場合は必ず受診してください。
胆管結石 必ず病院を受診してください。
放置すると、急性胆管炎や急性膵炎などの原因となることがあります。
胆管拡張 必ず病院を受診してください。
胆嚢を手術でとった後にみられることもよくあり、もともとやや拡張している方もいますが、 急に出現した場合、膵腫瘍や胆管腫瘍などがかくれている可能性があります。
精密検査を受けてください。

膵臓(すいぞう)
膵のう胞 2000年以前頃までは、経過をみてよいと考えられていました。
しかし最近の研究で、膵のう胞は、膵癌の発生と関係があることがわかってきました。のう胞の形や大きさなど様々ですので、 膵臓専門医を受診してください。
定期的な検査を年1回は受けるようにしてください。
膵管拡張 必ず受診してください。
膵腫瘍と関係がある場合があります。CTやMRIなど精密検査を受けましょう。
膵腫瘍・腫瘤(疑い) 必ず専門医を受診してください。
慢性膵炎(の疑い) 日常のアルコール摂取量が多い方は、減らしましょう。
腹痛や背部痛などの症状がある場合は専門医に相談してください。
定期的に検査を受けてください。
膵実質高輝度 超音波検査で膵臓が通常より白く見える場合です。
脂肪肝のように膵臓内への脂肪沈着などを反映しているとも一説にいわれていますが、年齢による変化の場合もあり、 現時点ではどのような病気と関係しているかははっきりしてはいません。
年1回の検査を受けることをおすすめします。

TOP ページの先頭に戻る

受診される患者さんへのメッセージ

当科は、肝炎・肝癌を中心に消化器疾患をカバーしております。少しでも先生方のお役に立てて、多くの患者さんと出会い、満足してお帰りいただけるように努力します。患者さんの笑顔、先生方の笑顔が、私どもの喜びです。

 

ちょっと心配なときお役に立ちます

ちょっと心配と言うことが外来診療では付き物と思います。消化器疾患で困ったことがありましたら、遠慮なくおっしゃってください。何時でも365日24時間対応させていただきます。緊急時は直接お電話ください。“1 night stay”も対応可能です。

 

患者さんは必ずお返し致します

画像診断や特殊な治療は当院で行い、普段は先生方に診ていただくように致します。原則、処方も先生方にお願いします。先生方との二人三脚で医療を行うのが、患者さんの幸せと考えております。

 

血小板数13万以下は要注意

C型慢性肝炎の患者さんの発がんリスクは、血小板数で推移されます。血小板数13万以下は年率3%、10万以下は年率8%に上ります。またB型肝炎はHBe抗体陽性でも発がんします。一度ご相談ください。

 

胃がん・大腸がんは大丈夫?

外来で診ていた患者さんが、進行がんで見つかることもあります。内視鏡検査は、東京大学消化器内科で研鑽を積んだ専門医が、苦しくない的確な検査と診断を行います。

 

TOP ページの先頭に戻る