• 外来のご案内
  • 入院のご案内
  • 診療科のご紹介
  • 検診センター
  • 交通のご案内
  • 医療関係者の方へ
当院について お知らせ お問い合わせ サイトマップ 個人情報保護方針
ホーム > 診療科のご紹介 > 循環器内科

循環器内科

当科では高血圧の治療を初め、不整脈、心不全、虚血性心疾患など循環器疾患一般を扱っています。


 

医師紹介

大城  雅也

大城 雅也(検診センター長)

  • 日本医師会認定産業医

出身教室:東京大学医学部付属病院循環器内科

 

主な対象疾患

1. 高血圧症

当科における主な疾患です。本態性高血圧がほとんどですが、二次性高血圧症との鑑別と治療は一部を除き外来のみで十分可能です。
血圧のコントロールの成果は実績があり、当科の得意な分野ともいえます。

 

2. 不整脈

期外収縮

これは、心室性期外収縮と心房性期外収縮に大別できますが、治療の適応とならないものがほとんどです。 一般的には心エコーなどで器質的心疾患の有無を見、ホルター心電図(24時間携帯心電図)などの検査の上、診断、治療の適応を決定します。

 

心房細動、発作性上室頻拍症

頻拍発作時、ほとんど外来で、抗不整脈薬の静注やカウンターショックを行い対処します。その後、必要に応じ、外来通院ともなります。

 

房室ブロック、洞不全症候群

これらの徐脈性不整脈については、精査の上治療の適応を決めます。一部薬物治療も有用ですが、 主たる治療は入院してペースメーカー植え込みということになります。この場合は高度専門医療施設へ依頼することにしています。

 

3. 虚血性心疾患

狭心症

ホルター心電図、トレッドミル運動負荷試験、が主たる検査です。冠動脈拡張術、 バイパス手術など薬物療法以外の治療は江東病院、心臓血管研究所付属病院、東大循環器内科、順天堂大循環器内科に依頼しています。

 

急性心筋梗塞

入院して治療することになりますが、積極低治療目的に心臓血管研究所付属病院に送ることも多くなっています。

 

診療体制と診療方針

現在、循環器内科は常勤医師1名、非常勤医師2名で診療に当っております。
病状に応じて外来でできることはその場で迅速に対処できるよう努めています。
患者によっては適宜判断し外部医療施設へ紹介します。

 

外来診療担当日割

  土(午前のみ)
午前 大久保 大城 浅田 大城 原澤   第1、2 浅田
第3 大城
午後 稲葉 大城 浅田 大城 大城
 

 2017.2.1現在

TOP ページの先頭に戻る